Scroll down
drag view

Webサイト・アプリ・
プラットフォームの
脆弱性診断(セキュリティ診断)

sp application

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断

About

スマートフォンアプリケーション
脆弱性診断とは?

アプリケーションと
端末を守る、
多角的な脆弱性診断

スマートフォンアプリは、個人情報やクレジットカード情報など、多くの機密情報を取り扱う可能性があります。しかし、Webアプリケーションとは異なり、端末に直接インストールされるため、アプリ自体の脆弱性に加え、端末自体に保存されている情報の漏洩リスクにも注意が必要です。

アイ・エフ・ティのスマートフォンアプリケーション脆弱性診断は、アプリの解析と実機検証を通して、情報漏洩や改ざんといった脆弱性の有無を診断し、お客様の大切なアプリを多角的に守るサービスです。

こんな方におすすめ

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
  • スマートフォンアプリ脆弱性診断を一度も受診したことがない方
  • ユーザーの安全を第一に考えたアプリを提供したい方
  • アプリに新しい機能を追加した方
  • 現状のリスクを把握し、専門家の意見を聞きたい方
  • 第三者によるセキュリティ評価を求められている方

Service

サービスの特長

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
逆コンパイル解析による
徹底的な分析
Service 01

Androidアプリの場合、アプリケーションパッケージを逆コンパイル解析することで、ソースコードレベルで脆弱性を検出します。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
開発目線の診断で
改善アドバイス
Service 02

独自に作成した「スマートフォンセキュリティガイドライン」に基づき、単なる脆弱性発見だけでなく、開発改善に繋がる具体的なアドバイスを提供します。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
第三者による評価に対応 Service 03

開発元から第三者によるセキュリティ評価を求められた場合、アイ・エフ・ティのスマートフォンアプリ脆弱性診断を活用すれば、診断結果付きでアプリを納入できます。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
速報送付サービス Service 04

早急に改修が必要と判断された脆弱性については、診断期間中に速報という形でご報告いたします。

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断
3カ月以内なら無償再診断OK Service 05

初回診断の報告書提出日から3か月以内であれば、検出された脆弱性に対して無償で再診断を実施いたします。

開発段階からアプリの
セキュリティを確保
し、

ユーザーの信頼を獲得するために
スマートフォンアプリの
安全性を高める診断を!

Diagnosis details

診断内容

モバイル向けアプリケーションに対して疑似攻撃を行います。
アプリケーション自身の脆弱性を検査するとともに、Webアプリケーション診断と同様ツールによる自動診断と、
診断員による手動診断を組み合わせて検査します。

診断対象

iOS/Androidアプリケーション
通信先のAPIサーバー

診断項目

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断では、主に下記の項目について診断を行っています。

Android/iOSアプリ共通の検査 Details 01
SSL証明書検証の不備 SSLを用いて通信する際に不適切な証明書が利用可能か検査する。
不適切なパーミッションの使用 アプリが不必要に多くの権限を持っていないか検査する。
カスタムスキーマの不適切な使用 カスタムスキーマ経由で不適切な動作が行われていないか検査する。
デバッグ機能の使用 本番向けのビルドでデバッグ機能が利用可能か検査する。
端末の時間変更による制限の迂回 端末の時間を変更し、アプリ内の機能の利用制限を迂回できないか検査する​。
アプリへの重要情報の埋め込み アプリ内に重要情報が存在していないか検査する。
ストレージへの重要情報の出力 端末内に重要情報を出力していないか検査する。
ログへの重要情報の出力 ログに重要情報を出力していないか検査する。
Androidアプリ特有の検査 Details 02
フルバックアップ機能の使用 フルバックアップ機能が有効でないか検査する。
Activityの不適切な使用 Activityが外部からintentを受け取った際に不適切な動作を行わないか検査する。
Serviceの不適切な使用 Serviceが外部からintentを受け取った際に不適切な動作を行わないか検査する。
Content Providerの不適切な使用 Content Providerが外部からintentを受け取った際に不適切な動作を行わないか検査する。
Broadcast Receiverの不適切な使用 Broadcast Receiverが外部からデータ操作の要求を取った際に不適切な動作を行わないか検査する。
重要情報のBroadcast 他のアプリに重要情報がブロードキャストされていないか検査する。
iOSアプリ特有の検査 Details 03

ATS(App Transport Security)
の使用

ATSが有効になっていないか検査する。
APIとの通信に関する検査 Details 04

基本診断

SQLインジェクションなど、Webアプリケーションへの診断と同様の項目で検査する​。

Price

料金

アイ・エフ・ティの料金形態はお客様ごとの個別お見積もりとなります。
スマホアプリの構成によって料金に変動がございますので、まずはお問い合わせください。

オプションサービス

上記のプランに加えてオプションサービスもご用意しています。
複数オプションの組み合わせも可能で、ご予算・ご要望に合わせたプランを組み立てることができます。

いずれもお見積り時にご案内・ご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

報告会サービス
サービス概要

検出された脆弱性について、報告書のご提出だけではなく、対面またはWeb会議にてご説明させていただくサービスです。

料金 10万円/回(オンラインの場合 5万円/回)
再診断サービス(2回目以降)
サービス概要

初回診断の報告書ご提出日から3カ月以内のお申し出に限り、検出された脆弱性に対して再診断を実施するサービスです。
再診断報告書も合わせて作成し、ご提出いたします。

基本料金内にすでに1回分の再診断費用が含まれておりますので、2回目以降の再診断を希望される場合に本オプションサービスをご利用ください。

料金 10万円/回

Flow

サービスの流れ

drag view

01

お問い合わせ

お問い合わせフォームより、必要事項を記入の上お問い合わせください。
弊社担当より折り返しメールにてご連絡させていただきます。

02

ヒアリング・お見積り

ヒアリングにてスマートフォンアプリケーションの構成等についてお伺いした後、お見積りを提出いたします。

ヒアリング内容
  • スマートフォンアプリケーションの種類や操作内容
  • iOS又はAndroidのプラットフォームの確認
  • 診断実施に際してアプリケーションファイルをご提供可能か
  • 診断希望期間

03

ご発注・日程確定

お見積り内容を承諾いただけましたらご契約ください。
その後、診断日程を正式に確定いたします。

04

脆弱性診断

  • リモート接続 
  • ツール診断
  • 手動診断
  • 脆弱性分析・判定

高リスクが検出された場合は、速報をご送付いたします。

05

結果のご報告

脆弱性診断が完了後、通常5営業日以内に報告書をご提出いたします。

  • 診断報告書提出
  • 報告会実施(オプションサービス)

06

アフターサポート
(オプション)

発見された脆弱性に対して具体的な対策・方針をご提案し、報告内容や修正に対するご質問にもお答えします。その他、不明点などもお気軽にお問い合わせいただけます。

3カ月以内1回無償 /
再診断サービス

初回診断の報告書ご提出日から3カ月以内のお申出に限り、検出された脆弱性に対して再診断を実施いたします。

オプションサポート

オプションサービスへお申し込みのお客様には、報告会を実施致します。

Sample

報告書サンプル

スマートフォンアプリケーション脆弱性診断

診断期間終了後、5営業日を目安に、緊急・高・中・低の検出された脆弱性をまとめた報告書を納品物としてご提出いたします。オプションサービスを利用することによって、お客様に直接ご説明させていただく「報告会」も実施しております。報告書サンプルは下記よりご確認ください。

Faq

よくある質問

申し込みから診断開始までどのくらいの期間が必要ですか?

スマートフォンアプリを弊社にお預かりする必要があるため、アプリの送付方法や、アプリからサーバーへのアクセス確認などを含めた全体の流れを考慮し、10営業日前後の期間を頂戴しております。

どのようなOS / アプリケーションに対応していますか?

以下のスマートフォンアプリケーションに対応しております。

OS iOSまたはAndroid
アプリケーション iOSまたはAndroidアプリ
連携部分 各スマートフォンアプリからWebサーバーへのWebアプリケーション連携部分は、Webアプリケーション脆弱性診断として承ります。

その他、ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

その他、脆弱性診断に関する質問は、
よくある質問ページをご覧ください。
まずは無料相談